あびこケアサービスセンター

● 住所
〒558-0014 大阪市住吉区我孫子3丁目12番5号
地図はこちらから
06-6697-3990
06-6691-6130

事業所紹介

あびこケアサービスセンター

『あびこケアサービスセンター』は、訪問介護の『あびこケアサービス』と、居宅介護支援事業所の『あびこケアプランセンター』から成り立っていて、介護保険制度発足と同時に開設した、アミコでは一番古い事業所です。二つの事業所が一ヶ所にあるおかげで、協力体制が自然と密になり、利用者の方々の細かいニーズに応えることができます。

そして、夏は強烈な日差しに焼かれながら、冬は寒風吹きすさぶ中を、雨にも負けず、風にも負けず、利用者さんのもとへ日々通っています。

アミコのユニフォームに身を包み、皆様のもとへササッと駆けつける、安心で身近な存在でありたいと、スタッフ一同願っています。

主なサービス内容
● ホームヘルパーの訪問(訪問介護)
● ケアプラン作成
● 介護認定の代行申請

新規就任にあたっての抱負

管理者 池田 悦子

ケアマネジャーの主な仕事は、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行うことですが、ちょっとした困り事を解消するようなケースもあれば、命と向き合うようなケースまで多岐にわたります。

利用者・家族様の状況や置かれている環境に応じて、多様なニーズに対応する柔軟性をもつことが大切だと思っております。
近い将来、AI(人工知能)によるケアプラン作成が導入されると言われていますが、私たちケアマネジャーは利用者・家族様とのコミュニケーションを通じて、信頼関係の構築を大切にし、自分自身のスキルを高めていくように努めていきたいです。

長年「あびこケアプランセンター」を支えてきた、前任の先輩方の思いを引き継いでいくと共に、新しい風を入れつつ、利用者・家族様が笑顔で過ごせるようにサポートできればと思っております。

管理者としてのポリシー

管理者 川端 泉

私達、あびこケアのヘルパーは、ご利用者様が日々の生活の中で、年とともに出来ていた事が自然と出来なくなる・・・。
そんな当たり前の事を受け入れ、ご利用者の住み慣れた環境、住み慣れたご自宅で、少しでも長く生活したい・・・。と言う、ご利用様一人一人の希望を叶えられるよう、最善のサービスをさせて頂きたいと考えております。

ご利用者様が安心してサービスを受けて頂けるよう、担当ケアマネジャーや提携医療機関と密に連絡を取り、ご家族様には「あびこケアのヘルパーさんに任せたら大丈夫や!」と思ってもらえる様に、スタッフ一同努力していきたいと思っております。

福祉用具 管理者としてのポリシー

福祉用具 管理者 山口 岳士

2016年4月より管理者として就任いたしました山口です。
アミコ株式会社に入社して十数年の間、訪問入浴や介護タクシー・訪問介護ヘルパーなど、様々な介護の現場を勉強してまいりました。

その経験を活かし、福祉用具で解決できることを一緒に考え、一人ひとりにあった福祉用具を選ぶお手伝いをし、少しでもストレスを軽減し、快適な生活が送れるようにしていきたいと思っております。


あびこ訪問看護ステーション

主なサービス内容
● 医療環境の整備、健康チェックと病状観察等、日常生活の看護
● 機能回復を目的としたリハビリテーション看護
● 検査、治療促進の為の看護
● その他痴呆症の看護、検査、治療促進のための看護、終末看護等

事業所紹介

『あびこ訪問看護ステーション』は、アミコの母体である「(医)慈心会・あびこ病院」の院内訪問看護部としてスタート致しましたが、2003年6月よりアミコの事業所として再出発致しました。

事務所は「あびこ病院」の正門前で営業しておりましたが、JR我孫子町駅前「あびこケアサービスセンター」ビルに移転しました。

私達の事業所は「元気・やさしさ・誠実・熱意」をモットーとして、利用者様の在宅療養生活が「安全・安楽・快適」に継続されることを願って運営しております。その為に、地域医療機関の先生方、ケアマネジャー様、在宅介護事業者様と協力し、患者様に密度の高いサービス提供を心がけております。

管理者としてのポリシー

所長 中辻麻衣子

「あびこ訪問看護ステーション」所長の能木です。

18年間の病院勤務後、より在宅に近いところで看護師として患者様に関わりたいと思いアミコ株式会社に転職致しました。
そして2カ所の介護施設を経て、あびこ訪問看護ステーション所長としての重責を担う事となりました。

生活の場としての介護施設は想像以上に病院とは違い、最初は戸惑いの連続でしたが、利用者様が穏やかに自分らしく過ごすために何が必要なのかを考える事により、私自身の将来の目標が定まって参りました。

病院では治療が終了すれば退院される時点でその関わりが途絶えてしまいますが、これからは利用者様御本人の生活クオリティを維持できる様に、アミコの介護職と協力して自身の職責を全うしたいと考えております。


たんぽぽ園(24時間託児所 )

24時間託児所 キッズランド・アミコ

事業所紹介

『たんぽぽ園』は、アミコの母体である(医)慈心会あびこ病院の「院内託児所」として創立されました。

「働くお母さんの安心」「子ども達の笑顔と健やかな成長」を目標に、職域託児所にしては珍しい年齢別保育を実施し、子ども達の成長に合わせた、保育に取り組んで参ります。

管理者としての思い

所長 小林美佐子

核家族化の進んだ現在社会においては、お母さんの子育ての環境は決して恵まれたものではありません。家族からのサポートを受けることも難しく、ご近所のお付き合いもなかなか出来にくくなってきています。まして『働くお母さん』にとっては、色々な問題を抱えたままで、仕事・子育ての板挟みに悩む方が多く見られます。

子供たちにとって『お母さんの笑顔は、何よりの安心でありエネルギー』です。私達保育士は、その笑顔のお手伝いが出来る存在でありたいと願っております。

子供達ひとりひとりの個性・成長のスピードに合わせて、「早く!!」という言葉を使わず、待ってあげる勇気を保育士一人一人が持ち、子供の成長と共に我々も日々成長して行きたいと願っております。

事業所風景

キッズランド事業所風景

所在地

あびこケアサービスセンター
〒558-0014 大阪市住吉区我孫子3丁目12番5号
06-6697-3990
06-6691-6130